カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2017.3.15 文科省前ビラまき行動行う

3月15日の早朝、小雨の降る寒い天候でしたが、東大、東工大、農工大、電通大から組合員が集まり、国公一般労働組合、東京国公と共同で文科省前でのビラまき行動を行いました。ビラの内容としては、
・知らず知らずの内に違法な天下りに巻き込まれないように、組合に入りコミュニケーションを良くしていきましょう
・国立大学法人の技術職員の賃金差別問題
・雇止めをしなくても済むように、恒常的な業務には無期職員を配置できる予算の手当を
の3点です。
また、科学技術立国を目指すと言いながら、国立大学の技術職員の差別待遇は余りにもひどいものがあることをマイクで訴えました。

2017.3.1 東大、非常勤講師の労働者性を認める

3月1日、首都圏大学非常勤講師組合は東京大学と団体交渉しました。それによると、交渉で東大側は非常勤講師の労働者性を肯定し、東大として現在の「業務委託」制度を見直す考えを明らかにしました。これにより、芸大、東工大などの国立大学法人の非常勤講師問題の解決の道が大きく開かれることになりそうです。詳細は、首都圏大学非常勤講師組合のページの「東京大学、団体交渉で組合の主張を認め、 非常勤講師の「労働者性」を肯定」をご覧ください。

2017.2.19(日) 総がかり行動-格差・貧困にノー!!みんなが尊重される社会を!-

2月19日(日)13時30分から、日比谷野外音楽堂にて-格差・貧困にノー!!みんなが尊重される社会を!-をテーマに、藤本泰成さんの開会の挨拶に続き、本田由紀さん、野党(民進党、共産党、社民党、自由党)、労働弁護団の島崎量さんなど各界からのスピーチがあり、4,000人を超える集会となりました。終了後、銀座へ向けてパレードがおこなわれました。