2020.2.14(金)三多摩春闘総決起集会に参加しました

2月14日、武蔵小金井駅前の宮地楽器ホールで開催された三多摩春闘総決起集会に参加しました。当日は会場いっぱいの参加者で、春闘に思いを込めた決意表明が続きました。教員の変形労働時間制の導入では、過労死のような教員の残業実態がある中で、実態に合わない制度が導入されようとしていることの報告がありました。今よりも少しでも働く環境が改善されるように、やりがいの持てる職場になるように、今年も春闘に参加して、団結して頑張りましょう!

2020.2.8(土) 都大教第5回幹事会・学習会・旗開き(国立天文台)

都大教学習会・旗開きを下記の日程で行います。ご参加ください。

日時:2020年2月8日(土)14時から
会場:国立天文台内輪講室(下記MAP「C5:中央棟東」内 )
   国立天文台のアクセス
学習会テーマ:軍事研究
プログラム:
 ○14時から 学習会
   テーマ:軍事研究
   おはなし・問題提起:
    永山 茂樹 氏(東海大学・憲法学)
    青木 和光 氏(国立天文台・恒星物理学、天体分光学)
 ○16時から 旗開き (18時前に終了予定)

なお、終了後、同会場にて旗開きを開催します。こちらの方にも奮ってご参加ください。

【開催されて…】憲法の観点からのみた軍事研究についての問題。学問を究める観点からの研究の自由、公共性、公開性と、これを実質的に否定する軍事研究の問題。研究費が削減され中で、研究予算を確保することに悩む科学者個人と科学者コミュニティーの思いや迫られる判断。若手科学者が任期制などにより雇用関係が不安定な中で、成果を得るための研究費獲得の苦悩。国民から期待されている真理の探究としての学問の発展。…などの意見交換されました。